こどもと映画

設計課 三日尻です。

先日、こどもが楽しみにしていたしまじろうの映画を観に行きました。

こども目線では、しまじろうの冒険を応援する、といった趣向なんですが、親目線では、こどもの成長を見守るというテーマもあって、ラストは少しウルっとしてしまいます。

しまじろうの「やってみる」「できる」に対して、おかあさんは「危ないからダメよ」と止めてしまう・・・我が家も全く同じです。わかってはいても、最初に出てきてしまうは、こどもの行動を制限する言葉。

心に余裕を持って、見守らなければと私は反省しましたが、こどもはまだ自分と重ね合わせて考える歳ではないので、純粋に楽しんだようでした。

 

 

 

 

ドリームハウス


スマイルプラス