土地活用における賃貸経営のリスクを把握しよう!

土地活用で賃貸経営をおこなう上で様々なリスクが生じてきます。

リスクを回避していく為にも、これらについて

予め把握しておく必要がございます。

 

建物の老朽化リスク

賃貸経営において、建物の老朽化は避けられません。

老朽化が進むと、今後の空室リスクや家賃下落リスクに

繋がる可能性がございます。

特に住設関係や外壁塗装工事等は、定期的に修繕をしていく

必要になる項目となります。

その場限りの対応が出来るかは難しい所でございますので、

あらかじめ長期的に積立などを行っていく必要が有ります。

 

空室・家賃下落リスク

空室リスクとは物件に空室が起きた場合に次の入居者が決まりにくい事です。

一般的に新築・築浅等のブランドも強みとなりアピール出来ますが、

年数を経るにつれてその強みは失われていく可能性があります。

また、家賃下落リスクとは物件周辺の家賃相場の低下等の要因により

募集家賃を下げざるを得ない事です。

 

これらのリスクは相互に関わってくる問題となり、空室が長期化すると

家賃収入の減少に繋がってしまいます。

対策を考える上では他物件とは違う「強み」・「差別化」が必要となります。

例えば、ペット入居可にする事やエアコン等の設備を予め設置していく等の

将来的に渡ってニーズの高い物を取入れていく必要がございます。

 

地震・火事等の災害リスク

地震や火事等の自然災害によって、建物自体が消失・賃貸経営自体が

困難になってしまうケースもございます。

リスクを抑える為にも、耐久性の高い建物を建てる事はもちろん、

万が一の保険の加入をオススメします。

 

<関連リスク>

土地活用に必須!賃貸物件に火災保険をかけるのをお忘れなく!

土地活用だからこそ!賃貸物件での耐震性を考えよう!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

賃貸経営においてリスクは大なり小なり発生する物です。

少しでも低減させるためにも、戸建賃貸等の他物件とは異なる建物を建築する・

その土地のニーズや相場に合わせた設定を行う等の事前の調査が重要となっていきます。

 

埼玉県上尾市周辺の一戸建て賃貸住宅のことなら、

オレンジホーム企画にお問い合わせください→【お問い合わせメールフォーム

★デザイナーズ戸建賃貸住宅「ドリームハウス」のご紹介★

ドリームハウス


スマイルプラス