土地活用の基礎知識!空き地を太陽光発電として収益化する場合のメリット・デメリット!

郊外を中心に法人等がメガソーラーとして活用している場所が見受けられます。

今回は土地活用としての太陽光発電のメリット・デメリットについてお話します。

太陽光発電とは

太陽光発電は、発電した電気を電力会社に売り、その収益で設置費用などを

まかなっていく事が原則となります。

ベッドタウンや都心部と違い、郊外になると賃貸経営や駐車場等の活用で

難しい地域の場合でも利用出来る場合も有り、土地活用の1つとして考えられております。

太陽光発電での土地活用のメリット

①郊外や自宅でも活用が出来る

郊外に土地をお持ちの方の中には賃貸経営として向かない立地条件の場所もあるかと思います。

太陽光発電は自然エネルギーを利用している物である為、周りの住宅等で遮られない

場所の方が設置メリットが高い場合がございます。

また、ご自宅の屋根等での活用も出来るので、汎用性はあるかと考えられます。

 

②固定価格買取制度で比較的ローリスクに

太陽光発電の普及の為に2012年に固定価格買取制度が設立され、

20年間は同じ価格で売電する事が可能です。その為、比較的シミュレーションは

行いやすいと考えられます。

 

太陽光発電での土地活用のデメリット

①固定買取制度が終わったら・・・

先程のメリットでも述べさせていただきましたが、太陽光発電設備を設置して

20年間は固定買取をしてもらえますが、買取期間が終了した人の扱いは不透明になります。

電力会社によっては買取義務が無くなってしまう事となりますので、

従来通りに買取をしていただきたい方は対策が必要になってくる場合がございます。

 

②天候・設置状況に左右される

太陽光は自然エネルギーを利用して発電させる物の為、雨の日や周りの日陰状況等で

発電量が不安定になってしまう場合がございます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

太陽光発電は実装当初に比べたら台数自体も普及しておりますが、

年々と買取関係に関しては厳しくなってきている傾向にもなってきております。

ご自分の土地の状況や情勢等から判断していきたいですね。

 

埼玉県上尾市周辺の一戸建て賃貸住宅のことなら、

オレンジホーム企画にお問い合わせください→【お問い合わせメールフォーム

★デザイナーズ戸建賃貸住宅「ドリームハウス」のご紹介★

ドリームハウス


スマイルプラス