大谷石の塀について

営 業 の 松  村 で す 。

当社は新築住宅の建築を柱にその他、リフォームも大きな柱の一つとして営業させていただいております。

その中で、外構工事もたくさん施工させていただいています。

本日は、“ 大 谷 石 ”  について少々ご紹介させていただきます。

( ※ 画 像はクリックすると大きくなります。)

大谷石で積まれた邸宅の塀は、重厚感がありとても趣を感じます。

ですが、大谷石などの凝灰岩は密度が低く、汲水率が高く、

風化しやすい柔かい多孔質石材です。

劣化と風化を抑制する為に重要な事は、水の浸透や

凍結融解を防ぐことが肝心です。

また、石材本来の美観を変えない防水剤塗装を施すことも重要です。

上記の写真は、表面からボロボロと粉や欠片が落ちてきてしまっている状態です。

「掃除をしても道路上に無数の粉・欠片が落ちてきていて今後どうなってしまうのか?…。」

お客様もご心配になっていたようです。

それからもう1枚の写真は、亀裂の入っている部分です。

最上段は、手で揺らすと動いてしまうほどでした。

もともと、大谷石は、鉄筋無しで積んでいますので、

大震災の時には、栃木県でも倒壊してしまったとのことです。

最近、小さい地震が頻繁に起きています。

「もし、大きな地震が朝の小学生の通学時間にでも

起きてしまったらそれこそ大変なことになる…。」

とお客様のご心配がありました。

早速、「大谷石の修理+補強」の案と、「大谷石の撤去+基礎増し打ち+新ブロック積み」の

ご提案をさせていただきました。

修理の場合は、もろく劣化してしまった表面を削り取り、新しい素材を貼っていくというやり方。

鉄筋が入っていないので、各、大谷石の裏側を上下左右にカスガイで止めていくというものです。

しかし、修理・補強だと少々不安が残ります。今回は、いつ何時大地震が起きたとしても大丈夫なように、

基礎を大きく増し打ちにして、重量ブロックを載せることになりました。

きれいに輝くニューマッキンレーという種類です。

 この画像が 「ニューマッキンレー」 です。

本日、5段積み上がったところです。

最後にこの上に笠1段で終了です。

  “  も う す ぐ 完 成 で す。

大谷石のご質問や、また、現場調査も承りますので、お気軽にお問い合わせお願いいたします。

 担当 : 松  村  まで お 願 い い た し ま す 。

ドリームハウス


スマイルプラス