“鬼平犯科帳 in 羽生PA”

12月19日 東北自動車道 羽生PAがテーマ型パーキングエリアに生まれ変わりました!!。

NEXCO東日本では、関越自動車道 寄居PA 「星の王子さま」 に続く第2弾とのこと。 

早速拝見しに行ってまいりました。

鬼平江戸処 ”  と名付けられた施設のコンセプトは“温故知新”だそうです。

鬼平犯科帳 の世界観を中心とした江戸を表現した斬新なアイデアです。

①建物のこだわり (建設会社として興味津々!)

  鬼平こと長谷川平蔵宣似(のぶため)が生まれた江戸の町を表現する為、

  建物 ~ 小物類に至るまで、民族学者の神崎先生の監修により、

  アートディレクター相羽高徳氏のデザインで造られた建築物。

  建物が何十年も前からそこにあったかのように『エイジング』という技法で加工しています。

  (刀でできた傷や汚れなど細かく再現しています。)

 

②照明のこだわり

  食事処・おみやげ売店の上を見上げると臨場感ある空模様が見えます。

 

  朝・昼・夜の空模様が時間により、変わります。

 

●食事処・売店は動くのも大変なほど、混雑していました。

  各食事処には、皆さんが長い列に並んでおりました。

 「忠八」のうなぎや「50cmの長さ」の1本うどん、しゃも鍋定食、やきとりなど。

 これからしばらくは、パーキングに入るのも難しいほど混雑が予想されますが、

 機会がありましたら、ぜひ行ってみてください。

  (営業) 松村

 

 

 

ドリームハウス


スマイルプラス