入居者にとってどの点が良いのか? 賃貸として戸建を選ぶメリット・デメリット

入居者にとって戸建に住みたいという声を良く聞きますが、具体的にはどの点が魅力的なの

でしょうか。今回は賃貸として戸建を選ぶ場合のメリットデメリットを比較していきます。

 

戸建賃貸住宅のメリット

①購入に比べて初期費用が安い

購入者側からしますと戸建を購入する場合にはローンの申込関係の手間や、建物工事代の他に

建築確認や瑕疵担保保険・登記関係等の費用が諸々発生します。

賃貸での場合は敷金・礼金等の費用は発生しますが、購入に比べると手間や費用は少なく

なります。

 

②固定資産税等の税金がかからない

こちらはオーナー様にご負担がかかっていると言い換えられますが、持ち家の場合に発生する

固定資産税や都市計画税がかからない事も入居者様にとって毎月の負担減となります。

 

③法人契約の場合、住居費用が格段に抑えられる

大企業や病院関係者の方等、福利厚生の関係で社宅として入居したいとの声もございます。

その場合、入居者様にとっては会社が家賃を負担してくれるので実費を抑えられる他、

オーナー様にとっては金銭関係のトラブルが少なくなる・ステータスの高い方に入っていただける

メリットがございます。

 

④近隣トラブルに惑わされる可能性が少ない

主にアパートマンションといった集合住宅にお住いの方で、上下左右階での騒音問題に悩まされて

ナーバスになってしまっている方が多いです。以前の弊社事例でも戸建賃貸住宅に引っ越して

悩まされる事が少なくなったとの声もありました。

戸建賃貸住宅のデメリット

①自分の所有物とはならない

ライフスタイルに合わせたい賃貸派も増えておりますので、入居者様それぞれにとっては

メリットになる可能性もございます。

 

②物件が少ない

入居者の希望として戸建賃貸の声は多いですが、現状では十分に供給が出来ていない事も

ございます。有ったとしても定期借家契約(転勤の期間のみ限定)・古い家作だったという場合も

ございます。若いファミリー層が住みたいと思える戸建が少ないのが現状です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

戸建賃貸はアパートマンションと比べて入居者様・オーナー様双方にとってメリットの高い

物件です。今後の土地活用を考える上での参考となりましたら幸いです。

 

埼玉県上尾市周辺の一戸建て賃貸住宅のことなら、オレンジホーム企画にお問い合わせください→【お問い合わせメールフォーム】

 

★デザイナーズ戸建賃貸住宅「ドリームハウス」のご紹介★

ドリームハウス


スマイルプラス