土地活用の基礎知識!空き地をシェアハウスとして収益化する場合のメリット・デメリット!

最近何かとニュース等で話題になっているシェアハウス。

都心を始め埼玉県でも展開されています。

今回は土地活用としてのシェアハウスの

メリット・デメリットについてお話します。

 

シェアハウスとは

シェアハウスとは1つの建物内にLDKや浴室など

共用部と複数の個室を備えた賃貸住宅です。

従来型のアパートは飽和化されており、

差別性も持たせるために展開させようとする動きも

合わさっていると考えられます。

 

学生寮や社員寮・外国人の方に向けたスタイル等、

幅広く展開されています。

 

入居者側のメリット・デメリット

<メリット>

①費用が安い

一般的なアパートと比べて家賃相場よりも

安く設定されている事が多いです。

また、敷金や礼金と言った初期費用が必要ない物件も多く、

若い世代を中心に喜ばれている様です。

 

②共用部分等の設備が充実

シェアハウスの売りにしている所も多いですが、

大型キッチンや共用スペース等の設備が充実しており、

内装もこだわっている所もございます。

 

③防犯面で安全

常に誰かがいる状態になっているので、防犯面でも安心です。

場所によっては女性限定のシェアハウスもあるので、安心感が増します。

 

<デメリット>

①自由度が制限される

自分の居室内で完結した生活は出来ない為、

共同生活としての心得を持つ必要がございます。

また、安い家賃と豪華な設備は魅力的ですが、

プライバシーを大切にしたい人にとっては敬遠される事がございます。

 

オーナー側の土地活用としてのメリット・デメリット

<メリット>

①総収入を増やしやすい

個々に水回りスペースを設ける必要が無い分、

居室数を増やす事が出来る為、多少家賃相場より安くても全体でカバーが可能です。

②他アパートとの差別化

一般的なアパートより安い家賃と豪華な共用スペース等の

差別化で需要を起こしやすくなります。

また、女性限定やペット可等の特定の

ターゲット層に向けた取り組みも可能です。

 

<デメリット>

①管理の手間がかかる

基本的に共用部分の管理はオーナー負担となります。

通常のアパート経営等では行わない浴室やトイレ等の設備の管理も

定期的に行う必要がございます。また、照明や家電関係のメンテナンスも

管理スタッフに入ってもらう必要もございます。

 

②入居者トラブルが発生しやすい

入居者同士の交流がシェアハウスの売りですが、共同生活である以上トラブルが

発生する場合がございます。その為、事前の入居審査を厳格に行う事や

ルールを決める等の対策が通常のアパート以上に求められます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

安さと豪華な設備が入居者にとっては嬉しいシェアハウスですが、

その分通常のアパート以上の管理が求められる場合もございます。

活用しようとする土地がシェアハウスに向いているどうかを

事前に調査する必要がございます。

 

埼玉県上尾市周辺の一戸建て賃貸住宅のことなら、

オレンジホーム企画にお問い合わせください→【お問い合わせメールフォーム

★デザイナーズ戸建賃貸住宅「ドリームハウス」のご紹介★

ドリームハウス


スマイルプラス