土地活用の基礎知識!空き地をトランクルームとして収益化する場合のメリット・デメリット!

近年、空き地だった場所に倉庫やガレージといったトランクルームとして活用をされている事が

多く見られます。

今回は土地活用としての駐車場のメリットデメリットについて解説していきます。

 

空き地をトランクルームとして収益化する場合のメリットとは?

①少ない自己投資で活用が可能

一般的な建物建築と違い、ガスや水道等のインフラやキッチン等の住宅設備が不要の為、

投資額は少ない傾向にあります。また、一般的に高利回りであると言われており、

物件管理の手間が小さい事も利点の1つです。

 

 

②土地の形状等にとらわれにくい

物を置くだけのスペースであるため、住宅の場合に求められる日当たりや

近隣の騒音等の良好な環境が無くても良く、不整形・狭小地でも活用が可能です。

※道路の出入り等の立地の良さは求められることが有ります。

 

③借地借家法の適用外となる

トランクルームは一般的には「倉庫」という分類になり、入居者側に寄り添った

借地借家法の適用外となります。その為、解体して別の活用方法に切替えたい場合に、

立退きの際の退去費用の支払いやトラブルに発展するケースは少ない場合が有ります。

 

空き地を駐車場として収益化する場合のデメリットとは?

①集客の手段が限られる

賃貸住宅ではスーモやホームズといった大手ポータルサイトに情報がまとめられている為、

入居希望の方も探しやすいです。トランクルームも実はこれらのサイトに掲載されていますが、

そのことを知らないユーザーも少なくないです。現時点の主な広告方法は

トランクルームの運営会社のホームページや現地看板となります。

その為、申込までに時間がかかる場合があります。

 

②節税効果は薄い

トランクルームは住宅では無い為、住宅建築の際の土地の固定資産税・

都市計画税の軽減を受ける事が出来ません。その為、賃貸住宅に比べると

税制面でのメリットは少ないです。

 

 

③建築できる場所が限られる。

建築基準法上ではトランクルームは倉庫に分類されている為、

住宅街の近くに有る土地にはコンテナを建てる事が出来ません。

該当地域⇒第一種低層住居専用地域・第二種低層住居専用地域・第一種中高層住居専用地域・

第二種中高層住居専用地域

※建築をする際には用途地域等の制限がかかっていきます 詳しくは↓

「土地活用では用途地域・地区計画などの制限にご注意を!」より

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

土地活用としてのトランクルームは初期投資が少ない為、低リスクでの運用が可能な反面

税制メリットが少なく、場所によっては建築出来ないという傾向にございます。

もし、トランクルームでは無く賃貸住宅を建てたいとお考えになった際には

需要が見込める活用方法を検討される方が良いかと思います。

 

埼玉県上尾市周辺の一戸建て賃貸住宅のことなら、オレンジホーム企画に

お問い合わせください→【お問い合わせメールフォーム】

★デザイナーズ戸建賃貸住宅「ドリームハウス」のご紹介★

 

ドリームハウス


スマイルプラス