線路沿いで騒音が気になる土地活用でもオレンジホーム企画の戸建賃貸は強い!

線路沿いや踏切近くなど騒音や振動が気になる場所での土地の有効活用も入居者のニーズを的確にとらえ、有効な土地資産活用を実現する戸建賃貸住宅ドリームハウスをご検討してみてはいかがでしょうか。オレンジホーム企画では、長期的に安定した入居と収益を確保した賃貸住宅をご提供しております。お気軽にご相談ください!

 

線路沿いや踏切近くでの土地活用の注意点

一般的な例として、線路沿いや踏切近くの土地は騒音や振動などの問題から購入者の心配は大きく、

売れにくかったり、売却をしても近隣の相場より大きくも落ちてしまうケースが多くなります。その為、土地を持て余してしまうケースもございます。

その様な土地で多くの入居者を入れなくてはいけない集合住宅ではリスクが多くなる場合があります。

弊社では実際に線路沿いでの土地活用を効果的に行った事例もございます。

騒音や振動対策

騒音の対策や振動の対策は窓と基礎構造が要です。弊社の戸建賃貸住宅ドリームハウスでは窓はペアガラスサッシを標準採用しております。こちらは窓が2枚ガラスとなっている為、往年のシングルガラスと比べて防音効果を発揮します。

一般的に音の強弱を示すデシベル数値では80dBから「うるさい音」と認識されます。電車の音もこの付近に該当します。ペアガラスを通した場合、こちらの騒音80dBが53dB相当まで下がる様になります。実際に完成見学会に参加された方からも効果を実感していただき、電車の音が気にならないレベルとなり、現に2棟の入居者さんは新築時からずっと同じ方が入居しています。

※旭硝子 Glass Plazaより引用 https://www.asahiglassplaza.net/

振動に負けない様にドリームハウスでは厚さ150㎜の耐圧盤コンクリートのベタ基礎を標準採用しております。また、耐震性に関してはトップグレードの「耐震等級3」相当の仕様となっております。これは大震災の1.5倍の震災に耐えられる物となっております。ドリームハウスの外観は基本的に凹凸の少ない間取りとなっており、強固なモデルとなっております。

戸建マイホームと戸建賃貸住宅との相違点

戸建賃貸住宅はその名の通り一戸建ての住宅です。集合住宅と違い、一軒家である為、上下階や隣の音を気にすることなく過ごす事が出来る事は入居者にとって大きなメリットであります。また、マイホームと違い、賃貸住宅では一生住むではございません。入居者にとってはリスクを抑えた上で選んでいただきやすくなります。その為にも、どれが有効的な活用方法かを慎重に考えていく必要がございます。

オーナー様に安心してご依頼いただける大切なポイントとして、戸建賃貸住宅を希望される方が多く、後の管理も行ってくれる事です。オレンジホーム企画の戸建賃貸住宅の特徴は建築した後の管理も担当する事です。建てた後は知らんぷりでは無く、補修等で何か有った場合でも建築業の利点を活かし、対応する事が可能です。860万円から購入できるので低投資であることと、約10年で回収ができることも大切ですが、もっとも大切なのは入居が付くかどうかです。

当社が提供する戸建賃貸住宅ドリームハウスは、上尾市を中心に260棟以上の実績がございます。地元の不動産会社と連携し、戸建賃貸を希望する入居者ニーズの把握にも絶えず努力しています。

 

いかがでしたでしょうか?線路沿いや踏切近くなど騒音や振動が気になる場所での土地活用をお考えの方は、オレンジホーム企画にご相談ください。狭小地25坪からの土地活用が可能な、上尾市でニーズのある賃貸住宅「ドリームハウス」で安定収入と、税金対策をしてみてはいかがでしょうか。

・オレンジホーム企画へのお問い合わせはこちらから→ 【お問い合わせフォーム】

 

★デザイナーズ戸建賃貸住宅「ドリームハウス」のご紹介★

ドリームハウス


スマイルプラス