流動性が非常に高く、賃貸経営をお考えのオーナー様には、節税・相続税対策だけでなく、万が一の最悪の事態も想定しておくことが大切です。

やむを得ず売却をしなければいけなくなったとき戸建賃貸なら資産の減少を最小限にとどめることができます。

マンションやアパートなどの集合賃貸住宅の場合、買う可能性のあるのは投資家です。その賃貸マンションが投資物件である以上、収益性を考えて、購入できる金額が決まります。

土地が高いとか、建築費がいくらかかっていても、投資に見合った金額でしか売ることはできませんが、その点、戸建賃貸は投資家ではなく、一戸だけ切り売りすることもできますし、アパートより売却期間が短くなる可能性が高いといえます。
一般の人が買う中古住宅として売却することができるので、投資用不動産よりも高く売却できる可能性が高いのです。

Slider