土地活用の基礎知識!空き地を駐車場として収益化する場合のメリット・デメリット!

近年、空き地に月極やコインパーキング等で駐車場として活用をされている場所が

多く見られます。

今回は土地活用としての駐車場のメリットデメリットについて解説していきます。

 

空き地を駐車場として収益化する場合のメリットとは?

①少ない自己投資で活用が可能

建物を建てる事と比べて、初期投資を必要としません。

低リスクの土地活用で有るといえます。

 

②様々な選択肢を残す事が可能

駐車場は借地借家法の適用外である為、利用者に対して事前通告で立退きが可能となります。

(共同住宅等からの立退きの場合、相応の期間や費用がかかる可能性がございます。)

つまり、何か有った際にすぐに元の更地に戻す・建築物を建てる等の転用が可能です。

 

 

③メンテナンス費用や災害リスクの小ささ

建物が建っていないので、もし近くで火災等が発生しても延焼等での災害リスクは小さく

済みます。

また、基本的に大きなメンテナンスはかからないので維持もしやすいです。

 

空き地を駐車場として収益化する場合のデメリットとは?

①キャッシュフローは多く出ない

初期投資が少ない分、賃料収入は多くありません。

賃貸住宅等に比べると利回りは低くなってしまいます。

 

②節税効果が薄い

賃貸住宅を建てた場合は住宅用地として固定資産税や都市計画税の軽減・

相続税評価額の減額等の税務上のメリットが多くあります。

しかし、駐車場は更地扱いとなる為、固定資産税や都市計画税の減額措置が無いです。

立地条件等によっては税金支払いを賃料収入でまかなえない場合もございます。

 

③車所有者の減少が予想されている

将来的な問題として、全国的に車の保有台数が減少してきております。

また、都市部等を中心にカーシェアリングサービスも広まっており、自分で車を持つ人が

少なくなる可能性がございます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

土地活用としての駐車場は初期投資が低い為、低リスクでの運用が可能な反面

税制メリットや利回りは少なくなる傾向にございます。

もし、駐車場では無く賃貸住宅を建てたいとお考えになった際には需要が見込める活用方法を

検討される方が良いかと思います。

 

埼玉県上尾市周辺の一戸建て賃貸住宅のことなら、オレンジホーム企画にお問い合わせください

【お問い合わせメールフォーム】

★デザイナーズ戸建賃貸住宅「ドリームハウス」のご紹介★

ドリームハウス


スマイルプラス